まるわかり!店舗開業入門ガイド

HOME > 店舗開業の豆知識 > 居抜き物件を探して店舗開業を行う

居抜き物件を探して店舗開業を行う

なるべく安く店舗開業をしたいと考えている人は、費用がかかりにくい物件を見つけるようにしましょう。
費用がかかりにくい貸店舗など存在するのかと考えてしまう場合がありますが、しっかりと探すとあまり費用がかからない貸店舗を契約することができます。
まず確認をするべき部分は、居抜き物件になります。
この居抜き物件を見つけることができれば、非常に費用をかけずに、店舗開業を行うことができると覚えておきましょう。
ほとんど知識がない人の場合は、居抜き物件と言う言葉を聞いたことがない場合もあります。
居抜き物件とは、前に使用していた人の残して行った物を、そのまま使用することができる物件になります。
飲食店などの場合は、テーブルなどをそのまま使うことができるので、自分で購入をする必要がなく非常に費用がかかりにくいと覚えておきましょう。


本来であればかかるはずの費用が、全くかからないので、あまり資金を準備することができない人でも、店舗開業をすることができます。
居抜き物件は全国各地に存在をしているので、誰でも契約をすることができます。
しかし注意をしなくてはならない部分があるので覚えておきましょう。
ほとんど費用がかからないので、非常に契約をしたいと考えている人がたくさんいます。
そのため自分も早く行動しないと、他の人に契約されてしまう可能性が出てきます。
自分が探しているタイミングで、居抜き物件を見つけられた場合は、後から不動産業者に問い合わせをしようと考えるのではなく、なるべく早く問い合わせをするようにしましょう。
またすでに契約者がいるなどの可能性も考えられるので、インターネット上で確認をするのではなく、直接問い合わせなどをして、確認をする必要があると言う部分も把握をする必要があります。


多少テナント料等が高めに設定されている傾向がありますが、それでも初期費用が大幅に削減できるので、損をしないままで経営をすることができます。
地方の場合はあまり居抜き物件を探すことができない可能性もありますが、首都圏の場合は入れ替わりが激しいと言う部分もあり、比較的早く居抜き物件を探せる傾向があります。
居抜き物件を見つけると、すぐに契約をしたいと考える傾向がありますが、自分が求めている広さなのか、そして自分が求めている立地の場所に立っている物件なのかまでしっかりと確認をした上で、契約を行うようにしましょう。
必要以上に広い居抜き物件を契約してしまうと、経営を始めた際に、テナント料等で悩まされてしまう場合があるので、その部分は十分に気をつけなくてはならないと覚えておく必要があります。

次の記事へ

HOMEへ