まるわかり!店舗開業入門ガイド

HOME > 店舗開業の豆知識 > 店舗開業の際に工事をしてもらうのか後から工事をしてもらうのか考える

店舗開業の際に工事をしてもらうのか後から工事をしてもらうのか考える

貸店舗等を契約すると、自分の理想の店になるように工事を依頼する人がたくさんいます。
もちろん工事をすることは非常に大切になりますが、しっかりと費用を考えた上で依頼をするか決めるようにしましょう。
工事をする場合は、必ずお金がかかってしまいます。
非常に高い金額を請求されてしまう業者もありますし、あまり高くない価格設定になっていて、自分が考えているよりもお金を請求されないなどの場合もあります。
どちらの方が満足をすることができるのかと言いますと、あまり高いお金を請求されない業者に依頼をする場合になります。
店舗開業をする場合は、資金に限界があるので、自分が準備できた資金で、工事を依頼することができるのかなどをしっかりと調べた上で、工事の依頼等を行うようにしましょう。


あまり資金を準備することができなかった場合は、工事を依頼するのを避けてみても良いかもしれません。
営業する前に工事をしてしまうと、初期費用がかかってしまい、自分が背負わなくてはならないリスクが高くなってしまいます。
少しだけ営業を行ってみて、ある程度利益を確保することができたら、工事をするなどの人もいます。
どちらかと言うと後から工事をしてもらった方が、自分が背負うべきリスクが非常に低くなるので、お勧めできます。
自分がどんな貸店舗を契約するのかにもよって異なる部分になりますが、工事をしなくても営業することができそうな場合は、まずそのままの状況で環境を整えて営業をスタートしてみると良いでしょう。
最初は自分が満足できる環境ではないので、多少窮屈に感じてしまいますが、後から満足できる環境にすることもできます。


また最初の段階では一部分だけ工事をしてもらうなど考えてみても良いでしょう。
貸店舗全体を工事してもらうと、非常に高いお金がかかってしまいますが、一部分であれば自分が考えている予算以内で工事を終了させてもらえる場合もあります。
一部分の場合はどこを優先して、工事してもらったら良いのか考えなくてはなりません。
まず店内が綺麗に見えるように、壁紙などを張り替えてもらう、または壁の色を変えてもらう部分を意識するようにしましょう。
壁の色を変えるだけでかなり印象が変わるので、その工事だけでも満足できる人もいます。
この場合も同様で、しばらく営業続けて、ある程度資金を確保することができたら、自分が100%納得をすることができるような、工事をしてもらうと良いでしょう。
後から工事をしてもらう場合は長い期間、店を休まなくてはならないと考えますが、1週間程度で完成をしてもらえるケースがほとんどなので、その部分も心配する必要はないでしょう。

次の記事へ

HOMEへ