まるわかり!店舗開業入門ガイド

HOME > 店舗開業の豆知識 > 店舗開業をする際は人材の確保をする必要がある

店舗開業をする際は人材の確保をする必要がある

店舗開業を行う前にしっかりと考えておかなくてはならない部分があるので覚えておきましょう。
どんな部分を覚えておかなくてはならないのかと言いますと、しっかりと人材を確保する部分になります。
あまり規模が大きくない店舗を開業したいと考えている場合は問題ないかもしれませんが、少し大きめの規模で店舗開業行いたいと考えている場合は、人材の確保が必要になります。
1人で行うことができると考える場合もありますが、実際に営業行ってみると、1人では十分に営業ができないケースがほとんどになります。
あまり人件費をかけたくないと言う気持ちは分かりますが、なるべく人材を確保しなくてはならないと覚えておきましょう。
他の店などを見て、何人くらい従業員が必要になるかしっかりと考える必要があります。
あまりにも少ないとしっかりと営業することができませんし、あまりにも多すぎると人件費ばかりがかかってしまう状態になります。


また性別の部分もしっかりと考えなくてはなりません。
どんな店舗を開業するのかにもよって異なる部分ではありますが、男性の従業員が必要になる場合もありますし、女性の従業員が必要になる場合もあります。
自分が求めている性別ではない人を採用してしまうと、後から自分が困ってしまう状態になります。
店舗を開業する前にどんな人材が必要なのかと言う部分は、大体把握をすることができるはずなので、しっかりと性別の部分まで決めるようにしましょう。
この部分を決めないままで営業してしまうと、非常に大変に感じてしまいます。
また性別だけではなく年齢の部分も重要になると覚えておきましょう。
あまりにも年齢を重ねている人を採用してしまうと、性別の時と同じように自分が考えているような営業をすることが難しくなります。


そして従業員の目線に立って人材を確保する必要があります。
人材を確保すると言う事はそれだけお金を支払わなくてはなりませんが、いくらの時給にするのかまで決めておく必要があります。
人材を確保するためには求人の募集を行う必要があります。
この際に時給が安すぎると、応募してくれる人がほとんどいない状況になりますし、時給が高すぎると自分がたくさんお金を支払わなくてはならないので、順調な営業をするのが難しくなってしまいます。
自分が店を開業しようと考えている地域の時給の相場をしっかりと確認した上で決めるようにしましょう。
店舗開業をする際は、他の部分を考えてしまうケースが多いですが、人材の確保とその人に対していくらの時給を支払うのかまでしっかりと計画を立てて営業始めると、自分が考えているように営業することができます。

次の記事へ

HOMEへ