まるわかり!店舗開業入門ガイド

HOME > 店舗開業の豆知識 > 店舗開業を行う場合は資金調達の部分をしっかりと考える

店舗開業を行う場合は資金調達の部分をしっかりと考える

非常に大きな規模で店舗開業を行いたいと考えている場合は、必ず資金の部分を考えなくてはなりません。
全く資金がない状態で店舗を開業してしまうと、自分が考えていたような対策などを行うことができずに、中途半端な形になってしまう可能性があります。
これでは自分が考えていたような利益を上げることができずに、早い段階で店を行えなくなってしまう可能性があります。
この資金調達の部分はしっかりと考えなくてはなりません。
しっかりとお金を貯めている人の場合は、問題がない部分かもしれませんが、あまりお金がない状態で店舗開業をしたいと考えている場合は、必ず考えるようにしましょう。
また自分にあまりリスクがないように、資金調達をする方法を考えなくてはならないと言う部分も、忘れないようにしなくてはなりません。


銀行からお金を借りなくてはならないと考えてしまう人がたくさんいますが、まずは両親に相談をしてみるようにしましょう。
両親にあまりお金の余裕がない場合は、相談が行っても解決をすることができない可能性もありますが、両親がどれだけ貯金をしているのかなどを知っている人はほとんどいません。
そのため一度相談をする価値はあると覚えておきましょう。
自分が店舗開業を行いたいと伝えると、多少援助してくれる場合があります。
この場合は、返済をする際に利子などをつけて返さなくても良いので、自分にとって非常にリスクが低い資金調達だと言えるでしょう。
人によって親から借りることができるのかなどが変わってきますが、資金調達以外の部分でも、アドバイスなどをもらえる場合があるので、必ず相談をする必要があると言えます。


またギリギリの資金で開業をするのは、避けなくてはなりません。
あまりにも資金がギリギリの状態で店舗を始めてしまうと、気持ちに全く余裕がなく、お客さんのことを第一に考えた営業をすることができません。
非常にたくさんのお客さんが、出入りしている店舗の特徴は、お客さんが満足できるサービスを行っている部分になります。
そのためある程度余裕ができるまで、資金調達を行うようにしましょう。
どれだけの資金を準備することができれば、問題なく経営を進めていけるのかは、その人によって異なる部分になるので、しっかりと計算をした上で行動するようにしましょう。
全く頼りになる人がいないなどの場合は、銀行からお金を借りて経営をする必要があると覚えておきましょう。
この場合は絶対に返済が滞らないように気をつけなくてはなりません。

次の記事へ

HOMEへ